百度石

お百度参りとは

お百度参りとは、民間信仰の一つで同じところに百回お参りして願い事を唱える個人の行動であります。お百度を踏むとも言われています。

元々、100日間同じお寺にお参りするとい意味があったといわれていますが、通常は同じお寺や神社に100回往復してお参りすることであります。

100回を数えながらお参りするのは、なかなか難しいので100本の竹串を用意したり。100枚の賽銭を用意したり、100個の小石を用意したりして100という数字の カウントを取ります。やり方はその場所や人によりバラバラです。

また裸足のほうが効果があると言われたりもするので、裸足で歩いている人もよく見かけます。

石切神社お百度参り

お百度参りは、多くの神社でできるが実際に人がよくお百度参りをしている神社というのは、あまりないようです。

ここ石切神社は、昼間は常に何人かの人がお百度参りをしています。夜も時々見かけます。石切神社は、お百度をきれいに参れる神社としても 知られています。

石切神社のお百度参りは家族の深い思いを感じる

お百度参りする人は、強い願い事があるから辛いけど100回もお参りして願いを唱えています。その願い事には様々なものがあるでしょう。仕事のことなのか、 家族の健康なのか、受験のこと、借金苦のこと色々あります。

ここ石切神社のお百度参りは、もちろん全てではないけどかなり多くの人が同じ願い事できているのではないかと私は思います。

石切神社は、昔からできものの神様として有名なのです。

どういうことかと言いますと、日本人の死因トップの病気のガンです。ガン患者を家族にもつ人やがん患者本人の参拝が多いのです

特にお百度参りをしている人は、家族が癌を患って、直って欲しいと一心に参っています。心なしか見ているとそういう悲痛さを感じてしまう。応援してしまいます。

石切神社お百度参り

なぜなら管理人の私の実母は、55歳のときに胃がんを患いました。決して早期発見でなく、かなりたちの悪い進行がんで5年生存率も確率は高くなかった。

父と妹とでここ石切神社でお百度参りをしました。もちろんできものの神様であるからです。

ご利益の方は?

母は、大手術をして辛い抗がん剤治療を耐えました。胃がんは再発するときは2年以内が多く、再発したものはかなりの確率で予後不良である 残念なデーターである。母は、手術から7年を超えていますが再発せずに元気で暮らしています。

ちょっとした奇跡にも思えます。ご利益があったのです。

もちろん医学的要素、本人のがんばりがあってのことですが、科学で証明できないものがご利益というかたちなのだ

石切さんのお百度参りがきいたのである。

母は、今でも月一回のお参りは欠かさないの言うまでもないです。

サイトMENU

Copyright (C) 2007-2008 ご利益満載!石切神社と周辺ナビ. All Rights Reserved.